スポビズ研究所

スポーツビジネス勉強日記です。島根県出身で現在は相模原市在住。普段はSEをしているアラサーがスポーツビジネスについて語ります。

MENU

【チケッティング】「観客数制限」はリセールやダイナミックプライシングを広げるか?

7月10日より、観客を入れたプロスポーツ興行が再開する。人数制限があるため、チケットの需給バランスが崩れることが想定できる。この問題を解消しうるキーワード「リセール」と「ダイナミックプライシング」を解説する。

【続】具体と抽象の重要性 ~オンラインサロンやクラウドファンディングを真似しても成功しない~

具体と抽象の縦の思考の重要性の記事の続編です。最近流行っている「オンラインサロン」や「クラウドファンディング」も、そのまま真似するだけでは成功しません。その理由について、キンコン西野さんのお話をもとにまとめてみます。

「オンラインサロン」の本質からスポーツビジネスが学ぶポイントとは

オンラインサロンは、それをよく知らない人から「怪しい」とされるが、スポーツビジネスにとって、多いに学べる点がある。キングコング・西野亮廣さんのオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」から学べる点について解説する。

ダイレクト課金とは?スポーツビジネスは何が学べる?

「ダイレクト課金とは」について解説します。キンコン西野さんは、よく「ダイレクト課金を押さえろ」と仰っていますが、その理由や現代のキーワードからスポーツビジネスが学べる点はたくさんあります。

【グッズ販売】スポーツビジネスがキンコン西野さんに学ぶ"意味をずらす"「ギフト戦略」

キンコン西野さんは、絵本を絵本としてだけでなく、「意味」をずらしたマーケティングも展開しています。スポーツビジネスがそこに学べる点はないか、グッズの観点から見ていきます。

Jリーグ・親会社の経営を左右する「税優遇」 ~Jリーグでもプロ野球と同じ扱いに~

コロナはJリーグクラブの経営に影響を及ぼしており、親会社との連携が重要になっている。そこで、Jリーグが国税庁にある確認を行った。その内容について、プロ野球との違いにも触れながら解説する。また、国税庁により「新解釈」が示された意義についても考…

スポーツビジネス『おすすめ本』13選 | 勉強

スポーツビジネスの勉強におすすめ本13選をお届けします。チームやリーグの現場から、学術的な内容の本まで、スポーツビジネスを勉強するのにおすすめの本を幅広くご紹介しています。また、スポーツビジネスに活かせるマーケティング本も併せてご覧ください。

"プロ野球"のビジネスモデルとリーグガバナンス ~コロナで浮き彫りに~

プロ野球は、各球団が独自のビジネス努力や新しい取り組みを行ってきた結果、ビジネスとしての規模も拡大している。一方、コロナによってプロ野球のガバナンスやビジネスモデルのあり方に見直しが求められているのも事実である。これらの点について解説しま…

スポーツビジネスとは ~特徴や課題を徹底解説~

「スポーツビジネス」とは、一体何を指すのでしょうか。仕事としての関わり方はどのようになっているのでしょうか。スポーツビジネスに興味がある方に向けて解説します。

抽象・具体の重要性 ~プロ野球はMLBを真似すれば放映権は高騰するのか?~

ものごとを考えるうえで欠かせないのが、「抽象」と「具体」で複合的に考えることです。言葉で言うのは簡単でも、実行するのは難しいものです。私も、まだまだできていません。。 抽象的にしか思考・行動できないとどうなるか 具体的にしか思考・行動できな…

「役に立つ」と「意味がある」の話をスポーツビジネスで考える

世の中はさまざまな商品やサービスがありますが、それらは「役に立つ」か「意味がある」に大別できるようです。この話のソースは山口周さんとのことですが、キンコン西野さんが分かりやすく話していました。 voicy.jp 書籍については以下 「役に立つ」ものと…

「前売り券」は応用範囲が広い

「前売り券」といえば、どんなイメージがありますか? スポーツ観戦やライブの時に購入するチケットというイメージがありますよね。しかし、最近この「前売り券」的な性質に、「ギフト」としての要素も掛け合わせて新しい形が生まれているようです。 note.co…