スポビズ研究所

スポーツビジネス勉強日記です。島根県出身で現在は相模原市在住。普段はSEをしているアラサーがスポーツビジネスについて語ります。

プロ野球にまつわる「著作権」「肖像権」を解説

スポーツビジネスでは「権利」が重要といわれますが、そのなかでも「著作権」や「肖像権」が肝になります。今回はプロ野球を中心に、関係してくる「著作権」「肖像権」の話をします。

営業マンにおすすめのビジネス書を厳選

営業マンにとって、どんな営業をすればよいか、日々悩むところではないでしょうか。巷にはたくさんの営業に関する書籍が並んでいることからも、それは明らかです。本記事では、そのなかでも厳選したおすすめ本を紹介します。

西野亮廣さんに関するおすすめ本は?

時代の最先端を行くキンコン西野亮廣氏は、世間向けにも自身の考え方や活動などをビジネス書を通して伝えてくれています。読者目線に立った、非常にわかりやすい本ばかりです。西野亮廣さんのおすすめ本を一挙に紹介します。

ジョブ理論とは?事例から学ぶジョブ理論

マーケティングを突き詰めるなかで、「インサイト」の重要性がよく挙げられます。その「インサイト」を発見するうえで、「ジョブ理論」が非常に有用です。本記事では、「ジョブ理論とは」について事例も交えて解説します。

『スポーツマーケティングとは?』を徹底解説

「スポーツマーケティングとは」について解説します。ファンを増やすマーケティングとスポーツを活用したマーケティングに分解するとイメージしやすくなります。

快適なテレワークを!おすすめしたいアイテムを用途別に紹介

新型コロナウィルスの影響でテレワークや在宅勤務にシフトする会社が増えている。自宅で快適に仕事するためにおすすめのアイテムについて、目的やシーンごとに紹介します。

【チケッティング】「観客数制限」はリセールやダイナミックプライシングを広げるか?

7月10日より、観客を入れたプロスポーツ興行が再開する。人数制限があるため、チケットの需給バランスが崩れることが想定できる。この問題を解消しうるキーワード「リセール」と「ダイナミックプライシング」を解説する。

【続】具体と抽象の重要性 ~オンラインサロンやクラウドファンディングを真似しても成功しない~

具体と抽象の縦の思考の重要性の記事の続編です。最近流行っている「オンラインサロン」や「クラウドファンディング」も、そのまま真似するだけでは成功しません。その理由について、キンコン西野さんのお話をもとにまとめてみます。

「オンラインサロン」の本質からスポーツビジネスが学ぶポイントとは

オンラインサロンは、それをよく知らない人から「怪しい」とされるが、スポーツビジネスにとって、多いに学べる点がある。キングコング・西野亮廣さんのオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」から学べる点について解説する。

ダイレクト課金とは?スポーツビジネスは何が学べる?

「ダイレクト課金とは」について解説します。キンコン西野さんは、よく「ダイレクト課金を押さえろ」と仰っていますが、その理由や現代のキーワードからスポーツビジネスが学べる点はたくさんあります。

【グッズ販売】スポーツビジネスがキンコン西野さんに学ぶ"意味をずらす"「ギフト戦略」

キンコン西野さんは、絵本を絵本としてだけでなく、「意味」をずらしたマーケティングも展開しています。スポーツビジネスがそこに学べる点はないか、グッズの観点から見ていきます。

Jリーグ・親会社の経営を左右する「税優遇」 ~Jリーグでもプロ野球と同じ扱いに~

コロナはJリーグクラブの経営に影響を及ぼしており、親会社との連携が重要になっている。そこで、Jリーグが国税庁にある確認を行った。その内容について、プロ野球との違いにも触れながら解説する。また、国税庁により「新解釈」が示された意義についても考…