スポーツビジネス勉強日記 | エンジニア目線で見るスポーツビジネス

スポーツビジネス勉強日記です。島根県出身で現在は相模原市在住。普段はSEをしているアラサーがスポーツビジネスについて語ります。

MENU

リーグガバナンス

スポーツ興行の繁栄には「リーグガバナンス」の視点が欠かせません。「試合」そのものやそこから派生する価値を最大化させるためにリーグガバナンスがどうあるべきかを解説します。

Jリーグの親会社・スポンサーの経営に影響を及ぼす「税優遇」に対する新解釈 ~Jリーグでもプロ野球と同じ扱いに~

コロナはJリーグクラブの経営に影響を及ぼしており、親会社との連携が重要になっている。そこで、Jリーグが国税庁にある確認を行った。その内容について、プロ野球との違いにも触れながら解説する。また、国税庁により「新解釈」が示された意義についても考…

コロナが浮き彫りにする"プロ野球"のガバナンス体制

プロ野球は、各球団が独自のビジネス努力や新しい取り組みを行ってきた結果、ビジネスとしての規模も拡大している。一方、コロナによってプロ野球のガバナンスモデルのあり方に見直しが求められているのも事実である。これらの点について解説します。

非常時におけるリーグガバナンスの重要性

プロ野球やJリーグをはじめ、プロスポーツのリーグでは公式戦の中止、あるいは実質無期限の延期で不透明な状況が続いています。 スポーツチームの事業体は、「中小企業」 プロ野球では、黒字経営に転換してきている リーグ全体として、どう救済するのか リー…

【リーグガバナンス】コロナを受け、リーグとしてどう対応すべきなのか

ついにプロ野球界でもコロナ感染者が出て、本当に2020年シーズンが開幕できるのか危うい状況になりつつあります。感染した阪神の選手は、いわゆる「合コン」のような場が原因になっているという説もあり、プロ野球選手としての自覚や行動がまさに問われてい…

チームを超えた自主トレの是非

「3分で勉強できる!スポーツビジネス/マーケティングブログ」では、スポーツビジネスやマーケティングに関連するネタや事例などについて、筆者なりの解釈も加えつつ短時間で読めるような記事を書いています。 年が明けてプロ野球の自主トレのニュースも出て…

【プロ野球】2020年は消化試合の増加が不可避

本日より消費税増税ですね。私は、駆け込みで通勤定期を購入しました。 これからじわじわとお財布が傷めつけられていくわけですね…スポーツ産業への消費に大きな影響が出ないこと を願います。スポーツ産業含むエンタメは、必需ではないので景気がが悪くなっ…

プロ野球・オールスターゲームの試合数について ~1試合か複数試合か~

こんにちは、アラサーSEです! 昨日から始まっているオールスターゲーム、盛り上がっていますね!第一戦は東京ドームで行われ、パ・リーグが勝利。MVPは埼玉西武ライオンズの森友哉捕手が選ばれました。今年楽天に移籍した浅村選手と西武の山川選手の連続ホ…

【ノーサイドゲーム】ラグビー協会(日本蹴球協会)は腐敗しているのか? ~池井戸潤氏がで伝えたいメッセージ~

こんばんは、アラサーSEです! 本日は、先日読破した池井戸潤氏による小説「ノーサイド・ゲーム」について書きます。私は、著者がどれだけラグビーに精通しているか分かりませんし、私自身ラグビーは詳しくありません。しかし、この小説で描かれているチーム…

「合成の誤謬」とスポーツビジネス

みなさん、「合成の誤謬」という言葉をご存知ですか? 私は、この言葉を大学時代に知ったのですが最近ふと思い出しました。当時、理系の学生だったのですが行動経済学的なところから経済学にも興味が湧き、少し授業を受けていました。これが、スポーツビジネ…

プロ野球とJリーグのリーグ構造の違い ~昇格/降格の有無など制度を比較分析~

今週も1週間おつかれさまでした! 本日は、スポーツビジネスの根幹を考えるうえで欠かせないリーグ構造について、プロ野球とJリーグを例にその違いとそれぞれのメリット/デメリットを考えてみたいと思います。 プロ野球とJリーグの構造的な違いとは?昇格/降…

なぜ、スポーツがビジネスとして成り立つのか ~試合におけるライブ性とドラマ性が鍵~

ブログ「ITからスポーツ界へ」をご覧いただき、ありがとうございます。今回は、「なぜスポーツで稼げるのか」について書いてみたいと思います。 スポーツがビジネスとして成り立つ理由 試合の価値を高めるために大切なこと スポーツがビジネスとして成り立つ…