スポーツビジネスを勉強できるマーケティングブログ

スポーツビジネスを勉強できるマーケティングブログです。島根県出身で現在は相模原市在住。普段はSEをしているアラサーが将来的なスポーツビジネス参画を目論み、インプットしている内容を記事にしています。

MENU

スタジアム

楽天イーグルスがスタジアム内に宿泊施設「Rakuten STAY x EAGLES」をオープン ~毎年進化するスタジアム~

「3分で勉強できる!スポーツビジネス/マーケティングブログ」では、スポーツビジネスやマーケティングに関連するネタや事例などについて、筆者なりの解釈も加えつつ短時間で読めるような記事を書いています。 楽天イーグルスがプロ野球のスタジアム内では初…

いよいよ開幕!ラグビーワールドカップ見どころまとめ(ビジネス/運営)

いよいよ、明日からラグビーワールドカップが始まります。ノーサイドゲームに限らず、ラグビーに関してテレビ露出が最近多く、私も多少はルール・プレー等に詳しくなれました。 しかし、ここではビジネスや大会運営の観点から見どころをまとめてみます! そ…

5Gとスポーツビジネス

こんにちは、アラサーSEです! 本日は実用化に向け話題になることも多い「5G」とそれがスポーツビジネスにもたらす影響について書いてみたいと思います。 5Gとは 5Gの3つの特徴 スポーツビジネスとの関係 5Gとは みなさんは、スタジアムに観戦に行かれた際に…

アラサーSE的スポーツビジネスTOPICS_20190613

おはようございます!本日のTOPICSです。 気になる記事をチェックしてみてください! 日本のeSports産業に必要なリスク管理とガバナンス チケット争奪戦のプロ野球、転売対策は進むか さいたまスーパーアリーナは奇跡だ。国内最強の超設備と、唯一の弱点 日…

アラサーSE的スポーツビジネスTOPICS_20190612

おはようございます!本日のTOPICSです。 気になる記事をチェックしてみてください! 日本ハム移転で札幌ドーム売り上げ半減 赤字3億円 運営会社試算 ジャパネットが長崎市に建設予定の「長崎スタジアムシティ」 スタジアム含む複合施設のデザイン案を公開 …

【プロ野球・観客動員数】最もチケットが取りづらい球団はどこか ~プロ野球フリークデータから読み解く~

プロ野球では、年々観客動員数が伸びています。特に、リピーターが多くスタジアムの「稼働率」が高まっています。プロ野球フリークのデータを基にプロ野球12球団でチケットを取りづらい球団ランキングを発表します。

なぜスポーツを観にスタジアムに行くのか

今週もおつかれさまでした。1週間早く感じますね。 本日は、ちょっと大きなテーマですがなぜ人々がスポーツを観に行くのかについて書きたいと思います。 スタジアム、あるいは試合観戦はどういう動機で行くか コントロール可能なもの コントロール不可能なも…

球場・スタジアムの事業権獲得の方法

これまで、度々チームがビジネス的に高い収益を挙げるには、球場・スタジアムを自前で運営すること、つまり事業権を獲得することが肝要だと述べてきました。 今回は、その事業権を獲得するにはどのような方法があるかをプロ野球を例に整理してみたいと思いま…

アメリカの自治体がスタジアム建設に税金を投入するのはなぜ?

日本のプロ野球も近年は各球団がスタジアムをより魅力的にするべく改修する動きが目立ちます。 この「ボールパーク」化のトレンドはメジャーリーグのスタジアムを見習ったものと思われますが、MLBのスタジアムは確かにどの球場も個性があって観客を楽しませ…

楽天イーグルスの「キャッシュレススタジアム」について

2019年のプロ野球も開幕して1週間が経ちましたね。 今回は楽天イーグルスが取り組む「キャッシュレススタジアム」について書いてみたいと思います。 キャッシュレススタジアムとは キャッシュレススタジアムの狙い 実際にどうだったか まとめ www.rakuteneag…