3分で学ぶスポーツビジネス/マーケティングブログ

島根県出身。某K大学を卒業後、IT業界に勤めるアラサーのブログ。将来的にスポーツビジネスへの転職を目論み、日々情報収集を行っています。その整理・アウトプットとして記しています。

MENU

プロ野球とJリーグのリーグ構造の違い

今週も1週間おつかれさまでした!
本日は、スポーツビジネスの根幹を考えるうえで欠かせないリーグ構造について、プロ野球とJリーグを例にその違いとそれぞれのメリット/デメリットを考えてみたいと思います。
 

プロ野球とJリーグの構造的な違いとは?

この質問に対してみなさんならどう考えますか?普段から試合を観戦される方でしたらチーム数の違いとか、順位の決め方等々・・・思う浮かぶ方もいらっしゃると思います。
では、もう少し大きな視点で見てみましょう。たとえば、自分でチームを立ち上げてリーグに参戦したい、と仮に思ったとき、プロ野球に参戦できるでしょうか?Jリーグには参戦できるのでしょうか?
実は、Jリーグでしたら「容易に参戦可能」です。というのは、Jリーグ(正確にはJ1)をトップとするエコシステムに加盟することは語弊を恐れずにいえばすぐにでもできます。地域リーグからスタートしてJまで登りつめるのは、戦力的にも、ライセンス制度という意味でも大変ですが、地域リーグからスタートしてどんどん勝ち上がっていけばJリーグ入りは目指せます。
つまり、何が言いたいかというと、Jリーグには昇降格があり、プロ野球には昇降格がありません。
これをスポーツ業界では「開放型」と「閉鎖型」というそうです。Jリーグは開放型で簡単に参戦できるけど、勝敗に応じて昇降格がある一方、プロ野球はある意味12球団の閉ざされた世界のなかで、参入障壁が非常に高いという違いがあります。
 
プレイヤー/チーム目線ですと、昇降格の有無が決定的に違うということになりますが、これがビジネス面でどのような影響をもたらすのでしょうか?
 

リーグ構造の違いがビジネスにもたらす影響

一言でいうと「長期的に戦略をたてやすいか否か」になると考えています。どちらが長期的に戦略を立てやすいでしょうか?
 
答えは明白、閉鎖型のプロ野球ですね。たとえば、皆さんがスポンサーの立場だったら、来シーズン下部リーグに降格してしまうかもしれないJリーグのチームに対して、5年や10年の契約を結ぶことができるでしょうか?降格してしまえば、集客や露出等をはじめスポンサーメリットはだいぶ薄れてしまいますよね。
プロ野球の場合、このような「不確実性」が低いです。そのため、スポンサーしろ、パートナーシップにしろ、ネーミングライツにせよ、長期契約が結びやすいです。長期契約が結びやすいと、何がメリットなのでしょうか?
球団としては、その資金をもとに投資計画を立てることができます。それがチーム側の選手補強かもしれませんし、事業面で例えばスタジアム改修かもしれませんが、それらの投資計画を長期的な視点で立てることができるのでしょう。
 
少しアメリカに目を向けてみましょう。4大スポーツと言われるMLB・NFL・NBA・NHLは全て「閉鎖型」です。そして、スポンサー/パートナーシップともに10年や20年スパンでの契約が当たり前の世界です。
 

では、「開放型」は一概に良くないのか

ここまで結果的に「閉鎖型」のメリットばかり書いてきましたが、「開放型」にももちろんメリットはあります。昇降格があるため、同じレベルのチームが同リーグに集まりやすくなります。それによって均衡した試合が多くなるので、1試合1試合が盛り上がり、事業面でもプラスになる部分も多いはずです。
逆の例を見てみましょう。東京六大学野球です。東大を悪くいうつもりは全くありませんが、残念ながら六大学野球は「閉鎖型」のデメリットを露呈してしまっています。時には接戦、あるいは勝利することもありますが、大半の試合は大差で負けてしまっており、それでもリーグに居続けることができます。伝統が伝統なので、この仕組みが変わることはないと思いますが、新たにリーグを立ち上げる際、この辺りの設計をしっかりと詰めることが肝要になります。
 

まとめ

  • 開放型:リーグ参入が容易で、リーグ内の均衡を図りやすい。一方で、ビジネス的には長期的な視点を持ちづらい
  • 閉鎖型:リーグ参入障壁が高く、リーグ内でばらつきが出やすい。ビジネス面では長期的な視点を持ちやすい。
今回はプロ野球とJリーグを題材に「開放型」と「閉鎖型」について書きましたが、それぞれにメリット/デメリットがあるのでそれを理解したうえで、リーグ設計をすることが必要になります。
こういった視点で、色々なリーグを見てみると面白いかもしれません。