3分で学ぶスポーツビジネス/マーケティングブログ

島根県出身。某K大学を卒業後、IT業界に勤めるアラサーのブログ。将来的にスポーツビジネスへの転職を目論み、日々情報収集を行っています。その整理・アウトプットとして記しています。

MENU

アラサーSE的スポーツビジネスTOPICS_20190625

おはようございます!本日のTOPICSです。
気になる記事をチェックしてみてください!
 

f:id:it_sports_biz:20190607205215j:plain

 
 

野球女子のための撮影応援ガイド

 
ニュースとは少し違いますが、最近は球場に行くと選手の写真を撮っている女性ファンを多く見かけます。そんな「野球女子」に向けたコンテンツです。
Nikonが所有している権利を活用したコンテンツとも言えるでしょう。「こうすると上手く撮れますよ」というアドバイスがメインでありながら、自社賞品のマーケティングにもつながっており、このような切り口は増えていると思います。
 

自国開催のW杯は「またとないチャンス」 倉敷アナが語る、競技の本当の面白さ

 
アナウンサーが今大会のキャッチコピー「4年に一度じゃない。一生に一度だ」をまさに当事者として捉え、考えており素晴らしいと思います。テレビ観戦の良さは、実況・解説がありルールをよく知らない人でも楽しめる可能性があること。普段はラグビーに興味ないけど、W杯、それも日本開催ということでとりあえずテレビで観る、という人も多いでしょうから実況・解説の方々の役割はある意味今後のラグビー界にとっても大きいといえますね。アナウンサーさんがそれを認識し、行動されているのは非常にプラスになるでしょう。
 

体育会が変化してます 脱「スポ根」でブランド化

 
関西の大学のスポーツに関する取り組みが紹介されています。大学においては、体育会はそれ以外の学生にとっては遠い存在になりがちですが、ファンクラブのような組織も立ち上がるなど、その垣根を超える活動も行われているようです。まさにスポーツを活用して大学への愛着を持ってもらう・一体感を高める取り組みだといえます。
私自身、アメリカのいくつかの大学に足を運んだことがあるのですが、キャンパス内に体育会の施設が溶け込んでいて一般学生も入りやすく、日本に比べると垣根が低いと感じました。また、グッズなどもあり自校のチームを応援する文化が根付いているように思います。