3分で学ぶスポーツビジネス/マーケティングブログ

島根県出身。某K大学を卒業後、IT業界に勤めるアラサーのブログ。将来的にスポーツビジネスへの転職を目論み、日々情報収集を行っています。その整理・アウトプットとして記しています。

展示会に何を求めているか

こんにちは、アラサーSEです!

毎度久々の記事となってしまっていますが、最近公私ともに忙しく…中々更新できておりません。

今回は、毎週のように各地で開かれている「展示会」について書いてみます。

 

みなさんは、仕事やプライベートで展示会に行くことはありますか?

私は仕事でIT関係の展示会や、趣味でスポーツビジネス関係の展示会に行くことがあります。

 

特にスポーツビジネスの展示会を見ていて感じる部分なのですが、それは「出展側と参加者側の需要・供給がマッチしているのか?」という点です。

 

出展側としては、自社の製品をアピールする場なので、スポーツビジネスだと例えばメーカー側が自社の製品やソリューションをスポーツチームやリーグなどにアピールする目的で出展すると思います。

もちろん、チームの先にいるファンに向けた展示という側面もあるかもしれませんが、取引先を考えてみるとターゲットはチーム関係者となるはずです。

例をあげると、スタジアムに設置されている大型ビジョンやサイネージを考えてみると、イメージが沸くかと思います。

 

しかし、実際に展示会に行ってみると参加者側としてチーム関係者はかなり少ない印象です。

つまり、需給のバランスが取れていないように感じます。

一見、展示会では様々なスポーツ向けの技術やソリューションが多く盛り上がっているように見えますが、実際にビジネスにつながっているのはどれだけあるのだろうか、という話ですね。

 

スポーツに限らず、色々な展示会に行った経験のある方も多いと思いますが、同様の課題があったりするかもしれませんね。

 

と短いですが、自宅PCの調子が悪くスマホで記事を作成している関係でこんなところで失礼します。

悪天候が予想されますが、よい週末をお過ごしください!