3分で学ぶスポーツビジネス/マーケティングブログ

島根県出身。某K大学を卒業後、IT業界に勤めるアラサーのブログ。将来的にスポーツビジネスへの転職を目論み、日々情報収集を行っています。その整理・アウトプットとして記しています。

MENU

【7・8月度】読まれた記事ベスト3を発表します!

7月8月はあまり時間を取れず更新が滞ってしまいましたが、この2ヶ月間で読まれた記事ベスト3を発表いたします!

 

f:id:it_sports_biz:20190601102715p:plain

 

 

第一位:池井戸潤氏が「ノーサイドゲーム」で伝えたいメッセージ ~ラグビーワールドカップ(RWC)を前に~

www.itsportsbiz.work

1位はダントツでこの記事でした!

内訳を見てみると、検索流入がかなり多かったようです。おそらく7月からドラマが地上波で放送され始め、「ノーサイドゲーム」自体に注目が集まった結果だと思います。

正直、狙ったわけではないですが改めて地上波のパワーを感じますね。

今夜も放送があるので、観ましょう!

 

第二位:野球少年は「4番・エース」を狙うべし ~野球離れ問題について~

www.itsportsbiz.work

2位は高校野球予選真っ盛りのタイミングで書いたこちらの記事です。球数問題をを足掛かりにメディアでは少年野球人口の減少に関する記事が多く出ていたことから、私も便乗してみました。

スポーツ産業の発展のためには、競技者の減少はクリティカルな問題です。今ではプロ野球人気が高く、勢いがあるように感じるかもしれませんが、ファンの多くは小学校から高校・大学までのどこかのタイミングで野球をプレーした経験のある人が多いはずです。

ということは、野球人口の減少はタイムラグを経てプロ野球ファン減少につながりかねません。

 

第三位:プロ野球・オールスターゲームの試合数について ~1試合か複数試合か~

www.itsportsbiz.work

3位はオールスター初日に書いたこちらの記事です。

スポーツビジネスで収益をあげるにあたり、オールスターに限らずリーグや試合の設計は非常に重要です。1試合の価値の設定と収益のバランスに注目し、各スポーツや各国の仕組みを比較してみると面白いと思います。

特に、プレーオフ制度には様々な工夫が盛り込まれているはずです。ぜひチェックしてみてください!