3分で勉強できる!スポーツビジネス/マーケティングブログ

島根県出身。某K大学を卒業後、IT業界に勤めるアラサーのブログ。将来的にスポーツビジネスへの転職を目論み、日々情報収集を行っています。その整理・アウトプットとして記しています。

MENU

当ブログの2019年を振り返る ~放映権・スタジアム・グッズ・スポンサー~

2019年もあと20日ちょっとです。みなさんはいかがお過ごしですか?

私、アラサーSEにとっては、ブログも初めてみて新たな挑戦をした1年でもありました。スポーツビジネスを本業としているわけでは全くないですし、あくまで趣味の範疇ですが、記事としてアウトプットするなかでの気づきも多く、やってみてよかったと思います。エンジニアとしてのキャリアばかりなので、なおさらそう感じています。一時期と比べ、更新頻度は落ちていますが、細く長く続けていきたいと考えているので、引き続き読んでくださると嬉しいです。

 

ということで、探り探り書いている当ブログの1年間(といっても3月末スタートですが)をスポーツビジネスの収益柱である「放映権」・「スタジアム・チケッティング」・「グッズ」・「スポンサーシップ」のカテゴリごとに、記事ベースで振り返ってみたいと思います。

 

f:id:it_sports_biz:20191211224949j:plain

 

放映権

放映権について、初めて書いてみたのはこの記事です。

www.itsportsbiz.work

今では、当ブログの検索流入数では上位に位置するコンテンツになってくれています。よく比較されるのが、MLBとプロ野球の放映権料の差です。数字だけ見ると、「プロ野球もMLBを見習えばいい」という意見が出ることが多いですが、実は外部環境の違い(テレビ視聴が有料かどうかなど)に起因する部分が大きいという事実も紹介しています。

 

次に放映権について触れた記事はこちらです。

www.itsportsbiz.work

そもそも「放映権」の定義についてどう考えていましたか?という記事です。正式な法律用語として「放映権」があるわけではありません。スポーツビジネスにおいて、いかに権利設計が重要かを示す一例になっているのではないかと思います。

放映権の含めた権利全体について書いた記事もありましたね。

www.itsportsbiz.work

スタジアム・チケッティング

便宜上、スタジアムとチケッティングは密接しているので同カテゴリとしています。

スタジアム

スタジアムの記事として最初に投稿したのは、プロ野球2019シーズン開幕を前に世間を賑わせた「キャッシュレススタジアム」です。

www.itsportsbiz.work

スタジアムの関連記事で、現在もっともアクセスされているのは、アメリカではなぜスタジアムが何個も建てられるのか、しかもその投入金額が桁違いに大きいのかを解説した記事です。なぜか、緑スターをいただいています。笑

しかし、これも「日本はアメリカを見習え」と言われがちですが、ここも外部環境が違います。アメリカは広大な土地があり、いわゆる「移転マーケット」があるため自治体間で誘致競争の原理が発生しますが、日本ではプロ野球球団が拠点をおくにふさわしい、相応の規模とアクセスの良さを持つ都市は限られますよね。

www.itsportsbiz.work

チケッティング

まず、チケッティング戦略について2度にわたって書いています。ひとつめの記事は簡単にいうと「リスク要因も大きいスポーツビジネスにおいて、安定した収益を挙げるにはどのような戦略が必要か」について、ふたつめは「チケッティングとは、試合観戦チケットの購入だけを指すわけではなく、観戦前から観戦後までのファンの体験を設計すること」という内容です。

www.itsportsbiz.work

www.itsportsbiz.work

 その他、新しいサービスの紹介に絡めてチケッティングに関して記事を書いていました。

www.itsportsbiz.work

グッズ

グッズは・・・特にコメントがありません。。。来年、東京オリンピックもありますしもう少し頑張ります。笑

www.itsportsbiz.work

 

スポンサーシップ

スポンサーシップの大きな流れとしては、従来の広告露出型から、企業の課題をプロスポーツチームとの連携を通じて解決する、といった方向に舵を切っている感じがありますね。その前提のもと、いくつか記事を投稿していました。

www.itsportsbiz.work

また、オリンピックに向けて地味に注目されているのが、「アンブッシュマーケティング」です。

www.itsportsbiz.work

番外編

その他、番外編を振り返ります。

ラグビーワールドカップ(RWC)

スポーツにおいて2019年といえば、なんといってもラグビーワールドカップですね。そのラグビーワールドカップを盛り上げようと、こんな小説・ドラマがありました。この記事、検索流入数を追っていると見事にドラマの放映やワールドカップ開催時期と連動しており面白かったです。笑

www.itsportsbiz.work

ラグビーワールドカップ開催時には、簡単にですがビジネス的観点での見どころを紹介してみました。

www.itsportsbiz.work

 

「スター」が多い記事

最後に、ここまで振り返りで紹介していない記事で、いただいたスターが多かった記事たち。徐々に読者も増えている分、直近で書いた記事の方がスターはつきやすいのだと思いますが、100前後までもらえると嬉しいですね。いつもありがとうございます!

www.itsportsbiz.work

www.itsportsbiz.work