スポビズ研究所

スポーツビジネス勉強日記です。島根県出身で現在は相模原市在住。普段はSEをしているアラサーがスポーツビジネスについて語ります。

データ分析のおすすめ本|ビジネスマン必見

昨今、耳にすることが増えた「データサイエンス」「データ分析」。テクノロジーが進化し、あらゆるデータをたくさん取得できるようになり、そのデータの活用の重要性が高まっています。

データ分析といえば、データサイエンティストやデータエンジニアを始め、理系寄りの人に必要なイメージが強いかもしれません。しかし、マーケティングや経営など、文系人材でも何らかのデータに触れ、活用していることでしょう。

 

そこで、この記事ではビジネスマン必見のデータ文系おすすめ本をご紹介します。データの高度な処理や分析というより、データに向き合う際のスタンスやステップ、ビジネス成果につなげるためのデータ分析という観点で厳選しています。

 

データ分析含め、データの活用はDX(デジタル・トランスフォーメーション)における一つのキーワードとなっています。DXについては以下の記事でもご紹介しているので、併せてご覧ください。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)初心者向けのおすすめ本 - スポビズ研究所

 

 

データ分析に役立つおすすめ本

データ分析人材になる。 目指すは「ビジネストランスレーター」

まさに「文系でもデータ分析人材になれる」ということを実例をもとに示してくれる本です。データ分析を進める5Dという実用的なフレームワークも、分析の高度な技術というより、ビジネスの考え方に沿った目的の定義の重要性を示しています。

また、データ分析=サイエンス、エンジニアリングではなく、ビジネス理解があり、データサイエンスもある程度理解のある人材の重要性や、その人材は社内で十分に育成できるとしています。

本書を読むのに、データ分析の前知識は必要ありません。文系も理系も関係ありません。本書では、著者らが成功と失敗を繰り返して見つけ出した独自の「5Dフレームワーク」という方法論を解説しています。

 

実用的なフレームワークはもちろん、組織としてこれからデータ分析を進めたい人におすすめの本です。

 

統計学の基礎から学ぶExcelデータ分析の全知識(できるビジネス) 

データ分析といえば高度なテクニックを駆使した分析手法を活用するイメージが強いかもしれませんが、身近なExcelでもある程度の分析は可能です。よって、まずはExcelからスモールスタートでデータ分析をしていくのがおすすめです。

この本では、Excelを用いた具体的なデータ分析手法はもちろん、そのベースとなる統計学の基礎知識をExcelの操作も交えながら学べます。

本書は、これからデータ分析を行う人が知っておくべきことを全部学べる解説書です。本当に役立つ、使えるスキルが身につくように、「統計学の基礎からしっかり学ぶ」「学んだことをExcelを使って実践する」という構成になっています。

 

最強のデータ分析組織

データ分析は、ひとりで完結するものではなく、ビジネスで成果を出すための手段のひとつです。よって、分析自体が目的になることはなく、分析によって導き出された示唆を他部門や他メンバーに活用してもらう必要があります。

また、データ分析チームだけでなく、他部門にもリテラシーを高めてもらうことでより効果的にデータ活用を行えます。本書は、そんなデータ分析組織を構築するための方法論を具体的かつ分かりやすく示してくれます。

本書はデータ分析の手法の紹介にはフォーカスしていません。なぜなら著者は「データ分析は業務改革やイノベーションを実現するための手段の1つに過ぎない」と考えているからです。データサイエンティストを目指す人、社内でデータ分析組織に携わる人におすすめ

 

統計学が最強の学問である[ビジネス編]

データ分析を学ぶうえで、「統計学」の知識が非常に有用です。たとえば、売上やアクセス数などが直近の推移や過去の平均から増加している際、それが統計的に有意かどうかを見極める必要があります。その際、統計学の「検定」が役に立ちます。

データ分析の全体設計時や、具体的な分析作業を行う際、最低限の統計学の知識があればより精度の高い分析になるでしょう。

「ビジネス×統計学」の最前線で第一人者として活躍する著者が、日本人が知らない「リサーチデザイン」の基本を伝えたうえで、経営戦略・人事・マーケティング・オペレーションで統計学を使う知恵と方法を詳細に解説します。

 

マーケティングに役立つデータ分析のおすすめ本

マーケティングにはデータ分析が付きものと言って良いでしょう。市場調査やWebサイトのアクセスデータなどからどのようなインサイトを発見できるかで大きな差につながります。

マーケティングにおけるデータ分析の考え方や具体的な手法を学べる本をご紹介します。

本書では「これからマーケティングリサーチやデータ分析を始めたい」「デジタルマーケティングやデータ・ドリブン・マーケティングの始めかたがよくわからない」というビジネスパーソンやマーケターの方に向けて、データとの向き合いかたや、データ分析の基本、データを活用したビジネスの意思決定の第一歩を踏み出すキッカケを提供できればと思います。

 

マーケティングリサーチとデータ分析の基本

マーケティングのリサーチでは何となくデータを集めただけでは有用な示唆は導けません。データ分析により明らかにしたいことを明確にし、具体的な調査内容を逆算していきます。

この本では、マーケティングリサーチやデータ分析との向き合い方から具体的な手法まで網羅的に解説してくれます。

 

「数字指向」のマーケティング データに踊らされないための数字の読み方・使い方(MarkeZine BOOKS)

特にデジタルの世界では、マーケティングにおけるあらゆるデータを計測できます。だからこそ、数字に踊らされないためのリテラシーが必要です。

データドリブンでありながら、データに溺れず本質を見抜くためのスタンスを解説してくれるのが本書です。

あらゆるビジネスのマーケティングにおいて正しく数字を読み、目標を設定し、効果測定をする方法を伝授します。 難しい数式は使わず、事例やシミュレーションも充実しているので、数字が腑に落ちます。

 

データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

データが取得できるからといって、すべてのデータを分析すればよいわけではありません。時間や人手には限りがあるからです。

本書は、マーケティングで見るべき15の指標について解説しています。データ分析からマーケティング施策につなげるうえで苦労している人は、この15の指標を踏まえKPIを見直してみると良いでしょう。

「ウェブ時代のマーケティングの要諦はデータの可視化と成果の測定に尽きる」データにもとづいたマーケティングの意思決定によって業績を伸ばしたい経営者・マーケティング幹部必読の書である。

 

新装版 鈴木敏文の統計心理学

日本最大のコンビニチェーンで、最も多くの消費者に頻繁に接しているセブンイレブン。その膨大な統計データと向き合い、経営に役立てるうえでの考え方を学べます。

「そんなデータの見方があるのか」と発見の連続です。データと向き合いながら消費者の心理をどう照らし合わせるのか、非常に実用的な本です。

いまビッグデータからスマートデータへ!!セブン-イレブンはなぜ、ライバルより日販が20万円も高いのか? それは「ビッグデータ」をどう捉えるかという鈴木敏文の「統計学」に理由があった

 

より具体的なデータ分析手法を身につけるならプログラミング言語も

本記事でも紹介した本にもありますが、ある程度のデータ分析はExcelでも可能です。しかし、より高度な分析にはプログラミング言語も必要となります。

数あるプログラミング言語のなかでも、データ分析に適しており近年人気も高いのがPythonです。

本ブログでもPythonのおすすめ本をまとめているので、興味のある方はご覧ください。

『Python入門』初心者向けおすすめ本・参考書|10選 - スポビズ研究所